logo.png

所在地

〒478-0035

愛知県知多市大草字四方田77−1

TEL

FAX

(0569)44-1711

(0569)44-1718

サービス

サポート

​メディア

Copyright ©2019 株式会社 氷感サプライ

氷感とは

氷感庫の3つの特徴

食材の鮮度をそのままに保つことを実現

氷感とは、氷感庫内にかける特殊な静電エネルギーによって0℃付近を中心に食材の長期保存と熟成を可能にし、細菌などの増殖を抑制して、食材の鮮度を保持できる次世代型の保存システムです。

氷感庫で保存することにより今までの保存に比べ飛躍的に鮮度を​保つことが可能になります。

01

鮮度保持

鮮度を保持しながら長期保存できるので食材のロスが今までより少なくなり​無駄がなくなります。

02

ロス削減

低温熟成と静電エネルギーによる​熟成で美味しさがアップします。

03

氷感熟成

静電エネルギー作用

静電エネルギーを与えることにより、食材の氷結点付近でも凍りにくい状態にし、0℃付近での長期保存が可能となります。
また、静電場環境によって発生する微量オゾンの殺菌・消臭の働きにより、劣化原因でもある、菌の増殖が抑えられるため相乗効果が得られます。

メーカー特許(取得特許・実用新案)

 

・特許第3862085

・特許第4563916

・実用新案第3140667

・実用新案第3165951

・実用新案第3152844

※保存物の個体差・産地によっては、保存結果に違いのでるものもあります。

氷感保存の仕組み

氷点下でも凍りにくいしくみで、美味しさをそのままに

冷凍した食品に含まれる水分は体積が膨張するとともに食材の細胞壁が劣化してしまうため、冷凍した食材を解凍すると、壊れた細胞壁から水分とともに食材の旨味が流れ出てしまいます。 そこで、氷感庫は氷点下でも凍りにくいしくみで食材の美味しさを保ちながら長期保存をします。

水分子は通常の温度の場合、引っ付かず一定の間隔を保っています。

冷凍庫では、氷点下になると分子同士が引っ付き凍ってしまいます。

氷感庫は、高い電圧を流すことで微振動を与えて引っ付かせない状態をつくるため凍結点付近でも食材は凍りにくくなります。

氷感庫の主な構造

氷感庫の電圧は3500ボルトから最大7000ボルトかかります。食材に高い電圧を確実に伝わるようにアルミ素材を使用しています。下図のように、電圧が食材に伝わる仕組みになっています。よって、氷感庫は安心して凍結点近くの温度帯での保存を可能にします。

氷感庫の電圧は3500ボルトから最大7000ボルトかかります。食材に高い電圧を確実に伝わるようにアルミ素材を使用しています。

上図のように、電圧が食材に伝わる仕組みになっています。よって、氷感庫は安心して凍結点近くの温度帯での保存を可能にします。

通常の冷蔵庫と氷感庫の比較